大評判!かづきれいこのメイクでお肌のお悩み解決!!  

かづきれいこなど評判のスキンケアブランドが特別価格で勢ぞろいicon
↓        ↓         ↓
かづきれいこ・エポラーシェ・エターナルボーテなど特別価格セット詳細 icon

エポラーシェ・クリスタルジェミー・ホワイトディアマンテ・ミュラド・ジェロビタール・デアサス・パーリーデュー・リオッサ・江原道・ヌーディーモア・ファインシーン・コスメフィット・スリムセラほか

2008年01月11日

エポラーシェ〜肌荒れに悩んだ岡江美希さんのコスメ

エポラーシェは「美しさ」と「若さ」をテーマにした講演会や、美容雑誌などですっかりおなじみの美容研究家、岡江美希さんが開発したスキンケア化粧品です。


エポラーシェ化粧品各種
icon
エポラーシェ各種・価格詳細
icon

もともと岡江美希さん自身がひどい肌荒れで悩んでいたこともありエポラーシェのスキンケアラインには肌へのやさしさが徹底されています。

エポラーシェの岡江美希さんによれば、お肌はみずから美しくなる能力をもっているもの。

だからこそ、スキンケアは必要以上に与えるのではなく、シンプルケアでお肌の能力を生かしつつ、潤いとツヤ、透明感あふれる美肌の維持に役立てるものを使うべきなのだとか。

例えば有名なエポラーシェ ブラン (昼夜用 濃縮美容液)は お肌に透明感を与えるコケモモエキス、ナガバギシギシエキスと、お肌の美しさを左右 する、水分バランスを整える成分を配合。シンプルケアでクリアで潤ったお肌をサポートします。

またエポラーシェピューローションはイソフラボンや、ポリフェノール類を含む保湿成分、アカツメクサ花エキスに加え、ヒドロキシエチルウレア、オリゴヒアルロン酸などの保湿成分を配合。女性ならではのみずみずしく潤ってなめらかなお肌をサポートします。さらに、潤い成分、尿素、乳酸も配合しました。角質のすみずみまで潤いを与えることで、やわらかなお肌にしてくれる化粧品です。


エポラーシェ代表の岡江美希さんはショップチャンネルの商品紹介番組に自ら出演し、エポラーシェの商品特徴を詳しく説明されています。ネットでもショップチャンネルのサイトから動画で岡江美希さん出演の番組を観ることが可能です。

こちらで岡江美希さん出演のエポラーシェ動画などが見れます。
icon




posted by 肌荒れ at 15:16| Comment(0) | TrackBack(1) | エポラーシェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

ライスフォースの化粧水の保湿効果は本当??

ライスフォースのライスパワーエキスは、100%お米からできた成分だから、敏感肌の方にもオススメです。

昔から肌にいいと言われていたお米の力に着目し、研究開発された「ライスパワーエキス」

 ライスパワーエキスはお米のエキスに麹菌や酵母、乳酸菌を加えて、90日間発酵熟成させたもので、化学物質を含まない100%お米からできた成分です。


しかもライスフォースに配合されているのは独自の発酵技術で超低分子に分解された
ライスパワーエキス。ライスフォースは、全商品に、このライスパワーエキスを配合。

だから角質層にぐんぐん浸透し、うるおいのある、みずみずしい素肌へ導きます。


ライスパワーエキスは効果や性質によってナンバーが分けられているのですが
その中でも特にライスパワーエキス(ライスパワーNo.11エキス)は、
一般的な保湿剤を上回る高い水分保持力を発揮するので、うるおいが持続します。
ライスパワーNo.11エキスは、医薬部外品の有効成分として認められていて、
その効果効能は「水分保持力改善」です。

ライスパワーNo.11エキス配合の化粧水、ライスフォース スーパーモイスチュアローションが
「'07 Yahoo!ビューティー あなたが選ぶ通販コスメ大賞」にて、
2006年・2007年と2年連続1位を受賞したあの化粧水です!!


posted by 肌荒れ at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ライスフォース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

肌荒れとストレスについて

肌荒れになる原因は様々あります。
中でも主な原因であると言われているストレスによる肌荒れとの関係について説明していきたいと思います。

まず、ストレスについて説明していきます。
ストレスとは、以下によって分類されます。
1.環境的な要因
暑い、寒い、不快な騒音、睡眠不足など
2.精神的な要因
怒り、不安、心配、悲しみ、緊張など
3.社会的な要因
職場環境や家庭環境など
体や心に生じるひずみであると言われています。

ストレスと感じる事は人によってそれぞれとなりますが、多くは仕事における人間関係、子育てにおける不安、不満、憤りなどに精神的ストレスを感じる方がいます。
ストレスと感じる事柄が強かったり、長期間続いたりすることで心身が耐えられなりひずみを生じた結果、ストレス病となります。

ストレスと肌荒れの関係について説明します。
人間の肌は体の外から刺激を受けますが、体内からは神経性やホルモンの影響を多く受けますので、ストレスが積み重なる事で肌荒れとなって症状が現れる事もあります。

人間はストレスがたまってくると脳の交感神経が興奮して、ストレスホルモンが分泌されます。
人体や肌が持っている免疫力が低下するという症状が起きます。

免疫力が低下すると、どう言うことがおきるかというとまず新陳代謝が活発に行われ、新しい細胞が次々に生まれます。
正常は古い細胞が順に剥がれ落ちていくのですが行われなくなったり、皮脂の過剰な分泌や紫外線によるメラニンの増加が促進し、色々な肌荒れを起こしていきます。
posted by 肌荒れ at 19:05| 肌荒れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肌荒れと化粧品について

肌荒れの主な要因のひとつである化粧品との関係について紹介します。

女性の方は毎日使う化粧品ですが、化粧水、洗顔料、保湿クリーム、メイク用品などは肌荒れとどう関係しているのでしょうか。
ほとんどの化粧品には「合成界面活性剤」という石油が原料となっている水と脂を混ぜ合わせて乳状にしたり、脂汚れを分解し汚れを落とす効果がある物質が含まれています。
この物質は体や皮膚にあまり良い影響を与えません。
洗浄性は高いのでしょうが、当然事前な物ではないので皮膚に刺激を与えやすい成分となります。
皮膚にあるバリア機能をも破壊すると言われています。
当然、肌荒れの原因にもなり、しみ、しわ、乾燥肌の原因ともなるでしょう。

洗顔はホコリや雑菌、余分な皮脂や古い角質などを洗い、清潔な肌に戻すことを目的とし行いますが、洗顔料やメイク落としを使いすぎたりするのは、肌荒れの原因となってしまいます。
メイクが濃いと、メイク落としと洗顔料のダブル洗顔もしてしまいますが、下地クリームにファンデーションくらいなら洗顔料だけで十分落とせると思います。
使いすぎは、余分な皮脂だけでなく、必要な皮脂も落としてしまいますので、皮膚を傷め、肌荒れの原因となります。たっぷり使うと洗い残しもありアレルギーの原因ともなります。
どんな洗顔料やメイク落としを使ったとしても、使用する量は控えめにし、使ったらよくすすぎをすることが大切です。
メイクが必要なくなったら出来るだけ早めに落とす様に注意すると良いでしょう。
posted by 肌荒れ at 19:05| 肌荒れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肌荒れと生理について

まず肌荒れに影響のある生理そのもののメカニズムを理解しましょう。
生理とは、当然の事ながら女性だけにある妊娠するためのしくみではありますが、健康な成人女性であれば、女性ホルモンの働きによって、約1ヶ月の周期で排卵と生理がおこります。

女性の肌は月経の周期と関係が深く、ホルモンの状態が変化するため肌荒れの原因となります。
肌荒れと月経周期の状態について紹介します。

1.卵胞期(生理後8〜10日間位)
排卵の準備をするホルモンが分泌され子宮内膜が増殖します。心も体も快適で、肌荒れなどトラブルもなく安定している時期です。

2.排卵期(生理後14〜15日目位)
卵巣の中で成熟した卵胞となった卵が、卵胞壁を破って卵子が飛び出すのですがこれを排卵と言います。
排卵後となるこの時期の肌は、皮脂の分泌が多くなり脂っぽくなってきます。
にきびができたり肌荒れを起こしやすい状態となります。

3.黄体期(生理前の10〜12日間位)
妊娠のための準備をするホルモンが分泌され、受精卵の着床を待っている時期です。
生理前の不快な症状が出やすくなり、肌荒れやにきびができやすくなります。普段使い慣れた化粧品でもノリが悪かったり、肌荒れをしたりすることもあります。

4.生理期(約5〜7日間)
妊娠をしなかった場合、赤ちゃんのためのベッドである子宮内膜が剥がれ落ちます。この時、体外へ排出されるのが生理出血です。この時期は、ホルモンの分泌が少ない量となり、血行不良になって手足が冷えやすくなります。
タグ:生理 肌荒れ
posted by 肌荒れ at 19:05| 肌荒れと生理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肌荒れと乾燥について

肌荒れがおきる主な原因と言われている乾燥との関係について紹介していきます。
季節にもよりますが、肌荒れでも乾燥肌で悩んでいらっしゃる方は多いのではないかと思います。

季節では寒い時期の秋から冬や、暖かくなってくる春先にかけて体が痒くなるなど、季節の変わり目に乾燥による肌荒れが多く見られると思います。

乾燥肌は体の水分蒸発を防いでいる角質層の衰えや、角質層を保護している皮脂膜の分泌が衰えることにより肌は乾燥し、体全体の水分量が低下することによって起こります。

一般的には20〜25歳位までをピークに体の水分量が減少し、新陳代謝の衰えがあらわれてきます。
毎日しっかりと保湿ケアをしないと肌の水分バランスが壊れ、カサカサになってしてしまい、酷い方がアトピー性皮膚炎になってしまう方もいらっしゃいます。

肌の乾燥が見受けられる方は、保湿効果の高い化粧品や洗顔料を選び、使うように心がけましょう。
また、エアコンが効いている室内は肌が乾燥しがちになります。
室内は50〜60%の湿度が最適なのですが、人間の肌には若干高めとなる60〜65%が良い状態ですので、自由がきく自宅では加湿器などを用いて60%を維持するようにしたいです。
水で濡らして絞ったタオルを室内にかけておくだけでも湿度をアップさせることができますので調整します。
特に冬場は室内の空気が乾燥し、カサカサ肌になりますので、肌に良い状態の湿度を保つ事が大切となります。
タグ:乾燥 肌荒れ
posted by 肌荒れ at 19:05| 肌荒れと乾燥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生活習慣と肌荒れについて

生活習慣が原因で肌荒れがおこっている方は多いです。

1.睡眠
睡眠は肌の状態にかなり影響を与えます。
寝不足の日が続くと肌荒れや顔色が悪くなったり、脂質が多くなったりしてにきびの原因にもなります。
◆しっかりメイクは落として寝る
メイクや一日の汚れ、汗はしっかりと落としましょう。
保湿も忘れずに行えば完璧です。
◆6〜8時間の睡眠時間
肌細胞は睡眠時間に再生します。
肌の新陳代謝が活発に行われる時間帯は22時〜2時の間なので、肌のためにはこの時間内は睡眠を取った方が良いです。
2.食生活
食生活の乱れでも肌荒れがおこる原因になります。
肌のためだけでは無いですが、食事をバランスよくしっかり食べることが大切です。
また、ビタミン、ミネラルをたっぷり摂ります。
皮膚の状態を整える為にはビタミン、ミネラルをきちんと摂取すると効果があります。

3.喫煙
喫煙は体にとっては何一ついい事はありません。
肌に必要なビタミンCは、1本喫煙する毎に約25mg失われます。
量としては、人の1日における必要なビタミンCの約半分に相当します。
ビタミンCが不足すると、肌荒れだけでなくシミ、ソバカスの原因になります。

4.便秘
排便は体内の毒素や不要物を体外に出す役割がありますよね。
便秘になってしまうと当然排出されず、腸内で便が腐敗し悪玉菌が増え、有害物質が発生してしまいます。
有害物質は血液中に溶け込む事で全身にまわり、肌荒れ、にきび、吹き出物などの原因の1つとなります。
posted by 肌荒れ at 19:05| 生活習慣と肌荒れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肌荒れの症状について

「肌荒れ」には様々な症状があります。

1.かゆみ
◇乾燥肌
乾燥肌は肌が乾燥し、角質層が不均等な重なりとなるため、はがれやすくなります。
そのため外からの刺激を角質層の下の知覚神経が受けやすくなり、「かゆみ」となってあらわれると言われています。
◇じんましん
猛烈なかゆみと発疹を伴う症状で、短時間でひくのが一般的です。
皮膚の奥で炎症が起こり、血管から血液の成分が漏れ出すためにすぐにふくらみができます。
主な原因としては、農薬、食事、ダニ、ハウスダスト、衣類、植物などと言われていますが、他にも原因はあり多くは不明となっています。

2.湿疹
症状は、赤いブツブツや小さい水ぶくれ、腫れやじゅくじゅくする、乾燥して粉をふくなどが混ざり出来るものでかゆみを伴います。
原因が様々なので早めに皮膚科で診察してもらいましょう。

3.吹き出物
字のごとく皮膚にできる「できもの」のことです。
馴染みの深い「にきび」も吹き出物です。
吹き出物の原因も様々あり、主な原因は食生活、ホルモンのバランス、ストレス、睡眠不測、便秘、化粧品が合っていないなど考えられます。

症状を改善するためには、肌を清潔な状態に保つのが大切です。
洗顔をしっかりと行いたいですが、低刺激の洗顔料を使って下さい。
汚れが取れそうなのでゴシゴシ洗顔すると皮膚を傷つけや易いので、泡立てた細かい泡で汚れを落とすようにしていきます。
洗い流す時も洗顔料が残ったり、雑菌が残ったりしない様、しっかりと流して下さい。
タグ:肌荒れ 症状
posted by 肌荒れ at 19:05| 肌荒れの症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肌荒れとにきびについて

肌荒れの中でも馴染みの深い「にきび」について考えましょう。

◇にきびが出来る仕組み
にきびは、脂腺の働きが活発になり、毛穴の中に皮脂や角質が詰まり、そこに「アクネ桿菌」などの細菌が発生して炎症を起こしたり、荒れたりし、化膿して出来る症状です。

◇にきびが出来る原因
1.洗顔
洗顔をし過ぎると必要な皮脂まで洗い流してしまい顔の表面に皮脂が不足します。
不足した皮脂を補おうと体は考えますので今度は逆に皮脂が活発に分泌され、にきびの原因になります。

◇ホルモンのバランス
思春期ににきびが良く出来ますが、原因としては男性ホルモンに皮脂腺を活発にさせる作用があり、女性にも男性ホルモンの分泌が思春期は増加するので、男女ともにきびが出来やすくなります。

◇化粧品
ファンデーションやクリームは脂分を含むため、毛穴を塞いでしまい、にきびや肌荒れを悪化させやすいです。化粧品には化学成分が含まれている場合が多いため、ニキビの原因にもなります。

◇ストレス
ストレスがたまってくるとホルモンのバランスが崩れやすく皮脂の分泌量が乱れるので、肌には悪影響となります。

◇便秘
便秘は腸の中に老廃物が長時間溜まる事になるので、老廃物が体内に吸収され、肌荒れを起こす原因になります。

◇食生活
脂の多い食事や糖分が多いもの、香辛料が強いもの、そんな食事を取りすぎるとにきびや肌荒れが出来やすくなります。ビタミンBが不足すると肌荒れの原因になり、ビタミンCが不足すると肌を保護する機能を損なったりします。
posted by 肌荒れ at 19:05| 肌荒れとにきび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にきびの治療法について

にきびは誰でも気になるものです。にきびの種類と治療法について考えていきます。

◇黒にきび
皮脂が毛穴に詰まることで毛穴を広げ、皮脂が空気に触れ、酸化することで黒く見えるにきびです。

◇白にきび
黒にきびが進行すると盛り上がって黄色っぽい膿の様な白く見えるにきびです。

◇赤にきび
炎症を起こす物質をアクネ桿菌がつくり出し、赤く腫れたにきびです。熱を持つので触るとヒリヒリ痛みを感じます。

では、にきびはどのように治療、注意すればよいでしょうか。

◇洗顔
汚れや余分な皮脂をきれいに取り除くために、洗顔はしっかり行いましょう。
でもこすり過ぎは、必要な皮脂まで洗い流してしまい、顔の表面に脂が不足することになります。
肌は必要な皮脂が足らないと、また補うために活発に皮脂が分泌されるので、にきびを逆に悪化させてしまうおそれがあります。泡立てた石鹸などでやさしく洗い、すすぎも綿密に行います。

◇食生活
皮脂の分泌量を増やす食べ物は、当然油分の多い物や甘いものと言われています。
にきびが多く発症している時は控え目にします。
栄養が偏るのを避けて、ビタミンやミネラルを意識して摂りましょう。

◇化粧
化粧品は油分を多く含むものだと毛穴を詰まらせてしまいます。
できるだけ化粧は避けた方が無難です。

◇にきびはあまり触らない
気になるのでにきびを触ったりすると余計に雑菌が入ったり、早く治るために潰してしまうとばい菌が入りやすく逆効果です。奇麗に治すためには上記の事に注意してケアして下さい。
posted by 肌荒れ at 19:05| にきびと治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妊娠初期の肌荒れについて

女性は妊娠すると体調に変化が起きるのは勿論のことですが、精神的にも不安定になる時期ですので肌荒れになりやすい状態となります。

少しでも肌を正常に保つ為には、規則正しい生活をおくり、栄養のバランスを考えて食事をしましょう。
体の変化から食べ物の好みが変わったり、過食や少食気味になったりする場合もあります。
バランスの良い食事は赤ちゃんへの栄養に大切ですが、ご自身の体、肌のことも考えてとりましょう。

肌荒れを防ぐには妊娠している、していないに関わらず、こまめに洗顔をして肌を清潔に保ち、保湿を心がけることが必要です。
但し妊娠中に発症した肌荒れである場合、多くの人は出産後に改善されていきます。

妊娠初期の肌荒れはどう予防し、改善すればよいでしょうか。

妊娠初期とは1ヶ月〜3ヵ月位までを言いますが、妊娠初期はホルモンの変化がおこりますので、普段は何ともない方も肌荒れする人が多くいます。
生理前に肌荒れがおこりやすい人は妊娠中にも肌荒れする傾向が強いと言われています。

肌荒れ対策としては、妊娠初期の場合でも普段と同じ下記の様な事に注意します。

1.バランスの良い食事を考え、暴飲暴食は避けます。
2.水分はしっかり補給します。
3.部屋は湿度が50〜60%になる様加湿します。
4.洗顔料は刺激の少ないものを使用し、化粧水も保湿性の高いものを選びます。
5.睡眠はしっかり取ります。
6.皮膚科で治療する場合、受診前に妊娠を告げて起きます。
posted by 肌荒れ at 19:05| 妊娠初期の肌荒れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妊娠中の肌荒れについて

ご自分と赤ちゃんの栄養を考え、色々な事に注意が必要ですが、妊娠中の肌荒れはどのような症状があり、どうすれば予防、改善出来るのか紹介します。

妊娠中はホルモンのバランスにより普段よりメラニン色素が増えます。
普段よりしみ、シワなど肌荒れが起こりやすくなってしまいます。
外出される時は紫外線の対策としてUVカット効果のある化粧品を使い、日傘や帽子で直射日光を避けましょう。
食事では肌荒れ対策効果があるビタミンをしっかり摂ることが大事です。

特に肌荒れ対策効果があるビタミンは、
◇ビタミンC
食物ではピーマン、じゃがいも、みかん、レモン、キャベツ、いちご、ブロッコリー等です。
効能はメラニン色素の発生を抑制し、コラーゲン生成に役立ちます。

◇ビタミンE
食物では豚のレバー、落花生、アーモンド、抹茶、マヨネーズ、ひまわり油などがあげられます。
効能はホルモンの分泌を円滑にします。
血行がよくなり肌のしみなどの肌荒れや、保温効果により冷え性を防止してくれます。普段でもビタミンEが不足するとしみが出来やすくなり、皮膚の抵抗力が低くなります。

妊娠も出産が近くなればなるほど体重も増加し、赤ちゃんの成長に従いお腹もどんどん大きくなっていきます。
何気ない、立ったり座ったりと言う動作も大変に感じ、汗をかきやすい体になります。
汗をかくとほこりなどが付着しやすく肌が汚れがちになりますので先にあげた洗顔や保湿をしっかり行ったり、シャワーなどで体を清潔に保ったりすることが、肌荒れを防ぐことに繋がります。
posted by 肌荒れ at 19:05| 妊娠中の肌荒れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出産後の肌荒れについて

妊娠中はおなかの赤ちゃんの為に色々な注意が必要で、ご自身よりも赤ちゃんの為に食事や行動していたと思います。
出産後もほぼ四六時中育児にかかりっきりになりますが、少しでも時間のある時にお肌の手入れもしたいものです。

そこで出産後の肌荒れにはどういう症状があり、予防、改善は何をすればよいか紹介していきます。

出産後においても当然赤ちゃん中心の生活をおくることになり、ご自分のことはどうしても後回しになります。
赤ちゃんの世話で忙しい為、スキンケアが十分できなかったり、夜中でも3時間毎に1回は起きる為、寝不足やストレスによって皮膚のバリア機能も低下してしまいます。
当然体に良い事ではないので、肌荒れが発症しやすくなったり、体調の変化により今まで使っていた化粧品が合わなくなったりします。
もしご自分の肌に今まで使っていた化粧品が合わなくなったと感じる様でしたら、使用するのは中止した方がよいと思います。

特に妊娠の後期から出産後における期間は、女性ホルモンのバランスが変化し、肌荒れ、乾燥肌、敏感肌の状態になることが多いです。
しかし妊娠中にホルモンの影響で出来たシミなどは出産後、次の生理が始まるころでは薄くなったり自然に直ったりしますのでさほど心配する必要がないものもあります。
自然に消えていくのを待つだけではなく、直射日光、紫外線に当たらないように努力したり、ビタミンの豊富な野菜や果物を多く摂ったりするなど、日常から肌荒れを防止する為気を使いたいところです。
posted by 肌荒れ at 19:05| 出産後の肌荒れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤ちゃんの肌荒れについて

赤ちゃんの肌荒れはご自分の肌荒れより気になりますよね。しゃべれない分、痒いのか痛いのか分かりませんし市販の変な薬を塗る訳にもいかないので、症状にはどんなものがあり、予防、改善をどうしたらよいか勉強しましょう。

人間の肌は汗を出すことで体温調節をしたり、外からのばい菌から体を守ったりします。
しかし赤ちゃんの肌は薄くて繊細なので、よだれや汗、衣類のこすれや気温の微妙な変化で肌荒れを起こしてしまいます。

当然ですが赤ちゃんの肌は常時清潔に保ち、衣類やタオルなどもできるだけ柔らかいもので清潔にしていきましょう。
ではよく見られる肌荒れの種類と症状、改善方法について紹介します。

◇乳児湿疹
顔などに赤いブツブツした湿疹がでたり、黄色いかさぶたの様な湿疹ができたりするものです。発症時期は様々ですが生後2、3週間から2ヶ月位の赤ちゃんによく見られます。
大半は自然に治るのですが、沐浴する時にやさしく洗い、患部を清潔にしましょう。

◇おむつかぶれ
おしりの肌が赤くなってただれたり、ブツブツができたりします。おむつでむれる為、肌が傷つきやすく、更におしっこやうんち、おしり拭きの摩擦によってかぶれを発症します。
おむつは清潔に、おしりは沐浴時にやさしく汚れを落とします。

◇アトピー性皮膚炎
顔や体全体に赤い湿疹がでて強いかゆみを伴います。
アトピー性皮膚炎の原因は、色々ありますが、自分の汗やほこり、ダニ、乾燥、遺伝などです。
家庭でのケアは清潔にする事ですが、診察してもらう事をお勧めします。
posted by 肌荒れ at 19:05| 赤ちゃんの肌荒れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肌荒れとスキンケアについて

肌荒れに対して、どうスキンケアしていけばよいのでしょうか。
スキンケアの仕方は肌のタイプによって異なります。

◇乾燥肌
角質層や皮脂の水分、皮膚のうるおい成分が少なくなっている肌を「乾燥肌」といい、カサカサがおこりやすい状態です。
乾燥肌は洗顔後、何もケアしないでそのままにすると肌がつっぱって、乾燥して肌荒れになります。
洗顔した後はまず保湿効果の高い化粧水で水分の補給を行い、その後で栄養価のあるクリームを塗ると良いと思います。

◇脂性肌
水分や皮脂の分泌量が多すぎる肌を「脂性肌」といいますが、肌にすぐ脂が浮いてきてテカテカする肌のことです。
メイクをした後は洗顔を頻繁にすることができないので、余分な皮脂はあぶら取り紙やティッシュでまめに除去するようにしましょう。
乾燥肌と違って肌が脂っぽいからといって、洗顔後に何もケアしないで放っておくのは禁物です。
さっぱり系の化粧水で水分を補給していきましょう。

◇混合肌
一番多く見られるのは「混合肌」です。
額、鼻すじのTゾーンはテカテカしやすい脂性肌で、頬や目のまわり、顔の輪郭部のUゾーンは乾燥肌といった、部分によって乾燥肌と脂性肌が混在している状態です。
乾燥するUゾーンには美容液などで水分を補給します。
Tゾーンは皮脂腺が活発なので脂性肌と同じスキンケアを行いましょう。

◇敏感肌
外部の刺激、紫外線、乾燥、摩擦などや化粧品などに含まれる成分に敏感に反応してしまう肌の状態を「敏感肌」といいます。
天然成分の刺激の少ない洗顔料でやさしく洗顔し、化粧水を丁寧になじませます。
十分な睡眠とバランスの良い食事、適度な運動を心がけましょう。
posted by 肌荒れ at 19:05| 肌荒れとスキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肌荒れとサプリメントについて

肌荒れに対してどのようなサプリメントで改善されるのでしょうか。
サプリメントとは「補助食品」という意味です。
本来食事から摂取するのが望ましい栄養ではありますが、不足気味の栄養素を簡単に補えますので活用しましょう。

◇ビタミン
ビタミンの殆どは体内で生成されませんので、食品から摂らなければなりません。
ビタミンの種類はたくさんあり、働きも多様です。
それぞれのビタミンの働きを理解し、バランスを良く摂取することが大事です。

◇ビタミンB
ビタミンBが不足すると、皮膚の組織悪化となり、肌荒れしやすくなります。健康に肌や髪、粘膜などを保つために欠かせません。

◇ビタミンC
肌の免疫力を高め、コラーゲン生成に関係し、ハリのある肌を保ちます。また、シミやそばかすを防ぎます。

◇ビタミンE
ビタミンEは血液の流れを改善し、新陳代謝を高めてくれるので、老廃物を取り除き、うるおいを保つ効果があります。
シミ、そばかすなどの予防にも役立ちます。

◇ミネラル
体を正常に保つためにミネラルは欠かせません。
体内での必要量はわずかではありますが、ミネラル不足になると、基本となる防御機能、活動機能、生殖機能が低下してしまいます。

◇大豆イソフラボン
近年よく耳にしますが、骨粗しょう症の予防や、にきびなど肌荒れの防止効果もあると言われています。

◇ローヤルゼリー
糖分、資質、たんぱく質の三大栄養素とビタミン、ミネラル全てが含まれています。
肌荒れの予防、免疫力のアップ、アレルギー抑制、抗菌の美容効果も高いため評価されています。
posted by 肌荒れ at 19:05| 肌荒れとサプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肌荒れと漢方について

肌荒れに対しての改善策として漢方もあげられますが、漢方とはどういったものを言うのでしょうか。
中国から伝来した漢方は、草根木皮や動物類を原料とした漢方薬を使った医療のことを言います。

漢方においては、肌荒れも単に皮膚だけの問題でなく「気・血・水」のバランスが乱れることによりおこると考えられています。
全身の体調を整え、体質改善を図るなど体の内側、内面から治療していくことを重要としています。

「気」はエネルギーを示し、字のごとく精神的な働きも意味しています。
「血」は血液自体や、血流、血行など循環の事を言います。
「水」は体の大半を占める血液以外の水分と代謝のことを言います。
この3要素が体内を順調に循環している状態が漢方で唱える健康となります。
ですので「気・血・水」のバランスが乱れる事で体調不良になったり、様々な肌荒れをおこしたりすると考えます。

中国4千年の歴史から生まれた漢方の考え方はなるほどと言ったところがありますね。精神的なストレスもなく、血行や血流、体に大切な水分が正常な状態であれば病気や肌荒れすることは無いという事です。
治療を受けたことがない私たちにはどんな漢方薬があり、効能があるのか分らないのですが興味を持たれた方は専門医や専門店で細かく調べると良いでしょう。
ちょっと神がかり的というか、神秘的な気持ちになりますので日常生活にいい変化点となったり、精神的にも変化が現れ肌の状態も良くなるきっかけになるかも知れません。
タグ:漢方 肌荒れ
posted by 肌荒れ at 19:05| 肌荒れと漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肌荒れと皮膚科について

肌荒れにおいてはにきびにしても、乾燥肌にしても、アトピー性皮膚炎にしても度々出る程度や症状がまだ軽いようであるなら、化粧品を変えたり、栄養をバランス良くサプリメントで摂ったりと簡単な対策内容のスキンケアで改善することができます。

但し、症状が悪化してきてひどく乾燥してしまったり、かゆみや痛みを強く感じたり、腫れて炎症を起こしたりしてしまうようであれば皮膚科で治療を受けるため受診した方がいいでしょう。

症状から自分自身で治療、スキンケアの方法を判断してしまうと、逆に症状が悪化してしまうおそれもあります。一番勧められるのは皮膚科で医師の診断に従い、きちんとした治療をしていきましょう。

特にアレルギー体質である場合には、一度肌荒れすると長引くことも多くあります。完治するまでは時間や手間はかかるかもしれませんが、きちんと通院して治療を受けましょう。

沢山の皮膚科病院の中から選ぶ場合、近所だからといった安易な理由よりも、口コミやインターネットなどで当然病院の評判を調べてから選ぶといいと思います。

皮膚科で受診する際には、普段から自分が使用している、または使用していたクリーム、化粧品はどのようなものか、またどんなスキンケアを行っていたかを説明できる様に準備してください。
ご自分で肌荒れの原因が分っている場合は、原因を医師に伝えていきましょう。
皮膚科で処方された薬は症状によって自己判断で中断せず、医師の処方に従いましょう。
posted by 肌荒れ at 19:05| 肌荒れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肌荒れと花粉症について

花粉症と肌荒れにはどんな関係があるのでしょうか?アレルギー体質と言った言い方では非常に密接な関係があると思います。
花粉症になりやすい人は以下の様な方が多いです。
1.ストレスを感じやすい
2.冷え性がある
3.便秘気味
4.肉料理が中心の食事
5.インスタントや加工食品を食べる事が多い
肌荒れしやすい人と同じ様な内容ですね。先にも述べましたが花粉症と肌荒れ、アトピー性皮膚炎は紙一重と考えられています。
人によって原因が様々ですので、アレルギー体質の人は勿論花粉症にも、肌荒れにもなりやすいです。

他にはホルモンのバランスが崩れている、体調不良になって体の免疫力が衰えている、慢性的な睡眠不足などでも症状が出ることがあります。

人間の皮膚は従来外からの刺激を直接受けないため、バリア機能を持っています。このバリア機能はふだんから普通のお手入れをしていれば何の問題もなく、外からの刺激をまともに受けることはありません。

少しではありますが花粉症を発症しやすい肌のタイプ、また間違ったお手入れをしている人を紹介します。
1.乾燥肌の人
2.洗顔後に肌がつっぱる人
3.化粧水はあまりつけず普通肌、乾燥肌、混合肌の人
4.洗顔する時間が長い人
5.洗顔のお湯の温度が熱すぎる人(30℃以上)
6.長期間石鹸での洗顔をしている人
7.拭き取りクレンジングを毎回使っている人
8.軽いメイクをオイルクレンジングで落としている人
9・密着度なファンデーションを使っている人



posted by 肌荒れ at 19:05| 肌荒れと花粉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花粉症の肌スキンケアについて

花粉症におけるお肌のスキンケアの注意点を紹介します。

油性のファンデーションは出来るだけ使わない工夫をします。油分が花粉をつけやすくします。

帰宅したらすぐに洗顔をし、メイクを落とします。

外で付いた花粉が顔に長く付いた状態だと痒くなります。

髪の毛はシャワーでよくすすいでから、シャンプーをつけて洗います。その後、洗顔した方が良いです。

洗顔は温度を低くぬるま湯(30℃位)で、泡で顔を包むようにして洗いすぐにすすぎ、洗い流します。

痒くて掻いてしまった部分は、泡をつけるだけで触らない方が良いでしょう。

化粧水は消炎効果のある成分入りのものを使い、くり返し何度もタップリとつけます。

水分補給をする事で花粉の刺激を緩和してくれます。

保湿剤も皮膚の再生を促進してくれる成分があるものを使います。肌の再生、回復が早まってバリア機能が向上されます。

お手入れはポンポンと軽くたたく様に行い、横滑りや、すり込むのはやめましょう。余計に皮膚がめくれて治るのが遅くなります。

スクラブ、ピーリング系の洗顔料の場合はすぐ使用をやめましょう。

クレンジングは、肌に優しいクリームタイプか水性ジェルタイプに変えましょう。

皮膚剥けがひどい時は、メイクも可能な限り避けてノーメイクで保湿ケアを行いましょう。

花粉症はイライラしますし思考能力も落ちますが、鼻のかみすぎなどでボロボロがひどい肌になっても、これらお手入れを確実にできれば、肌荒れの症状は和らぐでしょう。

posted by 肌荒れ at 19:05| 花粉症の肌スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ただ今ショップチャンネルで放送中の商品です。
 通販コスメ大賞で1位のライスフォースって?

肌荒れに苦しんだ岡江美希さんのスキンケアって

 美のカリスマ・岡江美希が伝授するスキンケア

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。